五輪後の9月に補正、解散を想定 細田氏

自民党島根県連大会であいさつする細田博之氏=10日午後、松江市
自民党島根県連大会であいさつする細田博之氏=10日午後、松江市

自民党細田派の細田博之会長は10日、東京五輪・パラリンピック後の9月に令和3年度補正予算案を編成した上で、衆院解散・総選挙に臨むことになるだろうとの見通しを示した。会長を務める島根県連の大会で「パラリンピックが終われば補正予算を組まないといけない。それに加えて解散・総選挙が行われる段取りだ」と述べた。

細田氏は、県連大会に先立つ地元商工団体との面会で、新型コロナの影響や五輪の無観客問題で大きな経済的打撃を被っているとして「大きな補正予算を早く組まなければならない」と強調。国会での審議日程に関して「9月早々にも対応しなければいけない状況だ」と説明した。補正予算が必要だとの議論が政府、与党の中で「極めて大きくなっている」との認識も示した。