浪速風

手洗い・マスク・密回避。まずはここから

新型コロナワクチン接種券(上)と接種の案内(画像の一部を処理しています)
新型コロナワクチン接種券(上)と接種の案内(画像の一部を処理しています)

新型コロナウイルスのワクチン接種券が、まだ届かない。最近、あいさつに続く言葉といえば、「(コロナのワクチン)打った?」。周りの人がどんどんと受けていると知れば知るほど、基礎疾患のない健康体でも「うちの自治体はいったいどうなっているのか」と気になってくる。徹夜で並ぶ人の気持ちが少しだけ分かったような

▶一方、肝心のワクチンをめぐっては供給の混乱が続いている。「1日100万回」と接種の号令をかけた政府からの供給量は増えず、接種加速にかじを切った自治体や企業は、急遽(きゅうきょ)接種スケジュールを延期するなど、対応に大わらわだ

▶東京五輪の最初の競技は11日後の21日から始まるが、今もなお中止を訴える人がいる。背景にあるのは何より、人流増に伴うコロナ感染拡大への懸念だ。ワクチン供給が増え、接種が進めば少しは払拭されるのだろうが、ないものねだりをしても仕方ない。手洗い、マスク、密回避。地道だが、やはりそこから。