1回目接種を19日から再開 大阪市長方針

大阪市役所=大阪市北区
大阪市役所=大阪市北区

国からの新型コロナウイルスワクチンの供給量の見通しが立たないため、1回目の接種を12日から一時休止するとしていた大阪市の松井一郎市長は9日、ワクチン確保の見通しが立ったとして19日から再開させる方針を明らかにした。市役所で記者団の取材に答えた。

市は米ファイザー製ワクチンを使用している個別接種と集団接種に関して、2回目を打つ人を優先するため、12日から1回目の接種を休止すると発表していた。

市が国からの供給量の見込みや市内の在庫量を取りまとめたところ、一定数の接種が可能であることが判明。松井氏は「医療機関を非常に混乱させることになり申し訳ない。予約を再開できる計画ができたので、12日に詳細を発表したい」と述べた。