1億円超脱税「鬼滅の刃」制作会社社長を在宅起訴 - 産経ニュース

メインコンテンツ

1億円超脱税「鬼滅の刃」制作会社社長を在宅起訴

東京地検が入る中央合同庁舎第6号館(大西史朗撮影)
東京地検が入る中央合同庁舎第6号館(大西史朗撮影)

法人税など計約1億3700万円を脱税したとして、東京地検特捜部は9日、人気アニメ「鬼滅の刃」の制作会社「ユーフォーテーブル」(東京都中野区)の近藤光(ひかる)代表取締役(51)=杉並区=を法人税法違反などの罪で在宅起訴し、法人としての同社を起訴した。

起訴状によると、近藤被告は平成27、29、30年分の売上高を一部除外するなどして所得計約4億4100万円を隠し、法人税と地方法人税計約1億900万円を脱税したほか、26年9月~27年8月と28年9月~30年8月の消費税と地方消費税計約2800万円を免れたとしている。

ユーフォーテーブルは12年設立。人気アニメ「鬼滅の刃」の劇場版やテレビ版など多数のアニメ作品の制作を手掛けている。