【一聞百見】邪馬台国「大和説」序章の纒向遺跡 考古学者・石野博信さん - 産経ニュース

一聞百見

邪馬台国「大和説」序章の纒向遺跡 考古学者・石野博信さん

考古学ファンから邪馬台国所在地論争の盛り上げ役としても親しまれてきた石野さん=奈良県橿原市(柿平博文撮影)
考古学ファンから邪馬台国所在地論争の盛り上げ役としても親しまれてきた石野さん=奈良県橿原市(柿平博文撮影)


江戸時代からいまなお続く邪馬台国の所在地論争。歴史ロマンあふれる論争の盛り上げ役として知られるのが、畿内説を唱える考古学者の石野博信さん(87)。邪馬台国の最有力候補地、纒向(まきむく)遺跡(奈良県桜井市)の最初の調査員だ。半世紀前の昭和46年、奈良県立橿原考古学研究所(橿考研)から出向していた奈良県庁で開発計画を知り、調査の必要を訴えて自ら発掘に乗り出した。若き日のすさまじい考古学熱が周囲を動かした。

前方後円墳が日本で最初に出現した纒向遺跡は、倭国女王・卑弥呼(2世紀後半~248年頃)の活躍期と重なる。平成19年に3世紀前半の国内最大規模の大型建物跡が見つかったことで、「大和説(畿内説)」が盛り上がった。

ランキング

  1. 【総裁選ドキュメント】岸田陣営、決選投票「河野-高市氏」なら高市氏支援
  2. 仁徳天皇陵、10月に発掘調査へ 世界遺産登録後初めて
  3. 各陣営・派閥動き加速 「引きはがし」警戒
  4. 金子恵美氏が繰り上げ辞退 石崎氏辞職願の衆院比例
  5. 日本企業資産、初の売却命令 韓国の挺身隊訴訟
  6. 【総裁選ドキュメント】高市氏も中国人権担当の首相補佐官新設を表明
  7. 「絶景の車窓」あと40年で見納め 世界遺産横切る近鉄奈良線移設へ
  8. 小室さん帰国、注目集める「対処法」
  9. 「脱ステロイド治療」で日テレが再発防止策 「医療監修は複数で」
  10. コロナ新薬「ソトロビマブ」を特例承認 厚労省

メインコンテンツ