アニメ「ぐんまちゃん」声優は高橋花林さん 10月から放送 経済の起爆剤期待

ぐんまちゃん役を務める声優の高橋花林さん(群馬県提供)
ぐんまちゃん役を務める声優の高橋花林さん(群馬県提供)

群馬県は、マスコットキャラクター「ぐんまちゃん」のアニメの地上波放送が10月3日から群馬テレビなど8局で始まると発表した。県は民間調査の都道府県魅力度ランキングで40位と低迷する。ゆるキャラの中で人気が高いぐんまちゃんのアニメ化を起爆剤に、県のイメージアップにつなげる狙いだ。

アニメのタイトルは「ぐんまちゃん」で、12月まで全13回放送する予定。30分の枠内に1回につき3話をまとめて放送する。

監督・脚本は人気漫画「クレヨンしんちゃん」テレビアニメ版の初代監督も務めた本郷みつるさん。ぐんまちゃんは声優の高橋花林さんが務める。制作会社「アセンション」(東京)が制作を手掛けた。

作品テーマは「ぐんまちゃんはいつだってともだち」とし、「思いやり」「チャレンジ」をキーワードに幅広い世代が楽しめるアニメに仕上がっている。「あおま」「みーみ」という新キャラの登場も見どころだという。

放送局はほかにTOKYO MX▽テレビ神奈川▽テレビ埼玉▽チバテレビ▽とちぎテレビ▽サンテレビ▽KBS京都-の7局で、全国の全世帯の48%をカバーすることになる。

10月から地上波放送が始まるアニメのぐんまちゃん(中央)とみーみ(左端)、あおま(右端)=群馬県提供
10月から地上波放送が始まるアニメのぐんまちゃん(中央)とみーみ(左端)、あおま(右端)=群馬県提供

山本一太知事は1日の定例会見で、「アニメは十分に国内外にアピールする潜在力がある」と述べ、今後、人気に火が付けば県のイメージアップとともに経済効果も期待できるとの認識を示した。

県は8月8日に群馬会館(前橋市)で開催する初回放送分(1~3話)の試写会参加者を募集している。午前の部と午後の部があり、定員は各回150人。参加費無料。希望者は5日~14日にぐんま電子申請受付システムで申し込む。応募多数の場合は抽選になる。