加藤長官、西村氏発言「融資制限ではない」

会見に臨む加藤勝信官房長官=9日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む加藤勝信官房長官=9日午前、首相官邸(春名中撮影)

加藤勝信官房長官は9日の記者会見で、西村康稔経済再生担当相が緊急事態宣言中に政府の要請に応じず酒類提供を続ける飲食店の情報を取引先の金融機関に提供する考えを示したことについて釈明した。

加藤氏は「飲食店に対する融資の制限などをお願いする趣旨ではない」と述べた。同時に「飲食店に対しては当該事業者の資金繰りを踏まえてしっかりとした支援をしてほしい。これが基本で何ら変わるものはない」とも語り、宣言発令に伴い営業自粛要請に応じている飲食店などへの資金繰り支援を引き続き行うよう求めた。

加藤氏は、西村氏の発言の狙いについて、金融機関は取引先である飲食店などと日常的にコミュニケーションがあり、改めて感染予防の徹底を訴えてほしいという趣旨だったと説明し、「あくまでもお願いだ」と強調した。