北はワクチンいまだ入手「ゼロ」 アストラ社製拒否、中国製に不信感 韓国研究機関分析

6月18日、北朝鮮で開かれた朝鮮労働党中央委員会総会に出席した金正恩総書記(朝鮮中央通信=共同)
6月18日、北朝鮮で開かれた朝鮮労働党中央委員会総会に出席した金正恩総書記(朝鮮中央通信=共同)

【ソウル=桜井紀雄】韓国の情報機関傘下の国家安保戦略研究院は9日、記者会見で、北朝鮮が海外からの新型コロナウイルスのワクチン導入を目指しているが、いまだ入手できていないとの分析を明らかにした。副反応を懸念して英アストラゼネカ製の受け入れを拒否し、中国製についても不信感から導入をためらっているという。

ワクチンの公平な分配を目指す国際的な枠組み「COVAX(コバックス)」は、北朝鮮に約200万回分の配分を決め、大半を5月までに北朝鮮に送る計画だった。だが、北朝鮮はアストラゼネカ製に難色を示し、他社製に替えられるか打診したという。研究院は、米ファイザーやモデルナ製は特別な冷凍設備が必要で、電力供給が不安定な北朝鮮では、大都市以外で設備の運用は難しいとの見方を示した。

一方、ロシア製について北朝鮮は肯定的に評価しているものの、無償支援を要求しているようだと、研究院は説明した。こうした分析に関し、研究院は「ファクト(事実)に近い」と述べたが、具体的な情報源は明かさなかった。

米政府系メディアによると、北朝鮮はCOVAX関係者の入国さえ認めていない。