ワクチン1600回分廃棄 中外製薬

中外製薬は8日、新型コロナウイルスワクチンの職場接種を巡り、冷凍保管の不備で1600回分のワクチンの廃棄を決めたと発表した。電源アダプターの接続部が緩み、冷凍庫に通電していないことが6日に判明したという。

同社は「製薬会社でありながら、貴重なワクチンを廃棄する事態は信頼を裏切るものとして重く受け止めており、おわびします」と謝罪した。

中外製薬は1日、2400人を対象に東京都内の本社で職場接種を始め、これまでに800人が終えた。ワクチンはモデルナ製。残り1600人は自治体での接種を促すほか、別の事業所での接種も検討している。