国民・玉木氏、五輪開会式「陛下にお出ましいただくべきではない」

国民民主党の玉木雄一郎代表(原川貴郎撮影)
国民民主党の玉木雄一郎代表(原川貴郎撮影)

国民民主党の玉木雄一郎代表は8日の記者会見で、東京五輪の開催をめぐる世論の賛否が分かれていることを踏まえ、五輪開会式への天皇陛下のご臨席について「この状況で陛下にお出ましいただくべきではない」と述べた。玉木氏は「(天皇陛下は)国民統合の象徴と憲法に定められている存在だ。国論を二分するような場にお出ましをいただいて、統合の象徴たる陛下の立場や存在にきずがつくようなことを、行政や政治をつかさどるものはさせてはならない」と説明した。

五輪の開会宣言は「開催国の国家元首によって行われるものとする」と五輪憲章で規定されている。

会員限定記事会員サービス詳細