〝100ワニ〟アニメ化は「実写のはずだった」 「カメ止め」監督夫妻 - 産経ニュース

〝100ワニ〟アニメ化は「実写のはずだった」 「カメ止め」監督夫妻

映画「100日間生きたワニ」(C)2021「100日間生きたワニ」製作委員会
映画「100日間生きたワニ」(C)2021「100日間生きたワニ」製作委員会

昨年、社会現象を巻き起こした4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」が、長編のアニメーション映画になった。監督と脚本は「カメラを止めるな!」の上田慎一郎(37)と妻で、同じく映画監督のふくだみゆき(33)が手がけた。題名を「100日間生きたワニ」に変更。物語の後半は完全なオリジナルストーリーとしたが、どのような思いからか。上田とふくだに話を聞いた。

実写にするつもりだった

「100日後に死ぬワニ」は、漫画家のきくちゆうきが自身のツイッターに投稿した4コマ漫画。きくちは令和元年12月から2年3月まで100日間連続で投稿し、擬人化したワニの主人公が100日後に命を落とすまでの淡々とした日常を描いた。ワニの運命が注目され、テレビ番組などでも取り上げられ社会現象化した。

ランキング

  1. 3Dプリンターの家は300万円24時間で建つ
  2. 韓国テレビが謝罪、五輪開会式で不適切な国紹介
  3. 「ずば抜けている!」 ソフトボール米、豪の両監督が福島の桃を絶賛
  4. 堀米、金メダル「すごくうれしい」
  5. 「ヤッベ~!」「スゲェ!」 スケボー解説、瀬尻さん話題
  6. 自衛隊大規模接種、本格再開へ 26日から予約開始
  7. 韓国、五輪で「日本たたき」も〝特需〟は期待
  8. ソフト、日本が決勝進出 銀メダル以上確定
  9. 阪大の審良特任教授が遭難か、奈良・天川
  10. 中国、絵文字演出に絶賛 「独創的で日本らしい」

メインコンテンツ