本郷和人の日本史ナナメ読み

古文書と様式㊦鎌倉幕府の草創担った文官

武田勝頼像(模本、東大史料編纂所蔵)
武田勝頼像(模本、東大史料編纂所蔵)

源頼朝は旗揚げに先んじて、たまたま近くに居住していた文官、藤原邦通を部下に加えた、という話をしました。吾妻鏡は彼の属性を「洛陽放遊の客」と表現していますが、その実態はどういうものだったのでしょうか。

彼と同じく源頼朝に仕えた文官で、中原親能(ちかよし)という人がいます。彼は下級官人の中原広季(ひろすえ)の子、あるいは後白河上皇の近臣を務めた参議・藤原光能の庶子で、中原広季の養子といわれています。

当時の朝廷は完全な世襲社会で、親が大臣なら子も大臣、親が中納言なら子も中納言。ただし、親と同等の官職に就けるのは、跡取り息子に限ります。身分の高い母が産んだ子なら、跡取りに何かあった(若くして病死する人が少なくない)ときのスペアとしてそれなりに大切にされますが、身分の低い母から産まれて、どう転んでも跡取りになれそうにない子であれば、自分で食い扶持(ぶち)を探さなければならない。親能もそうした一人であったと思われます。

親能は京都に見切りを付け、関東に下ります。そしてなんらかの縁があったのか、飛び込み営業をしたのかは不明ですが、西相模を基盤とする有力武士、波多野氏の庇護(ひご)を受けることになります。農村経営へのアドバイスを求められたか、親能が京都で培った人脈はわが家に有益だ、と考えられたのでしょう。

波多野氏は源氏と縁の深い武家です。波多野経範という人物は、八幡太郎義家の父・頼義に仕えました。前九年の役に出陣し、頼義の危急を救って討ち死にしています。経範の嫡孫の義通は、源義朝に仕えて信任を受けます。保元の乱の後、義朝の父である為義を処刑する大役を任されました。義通の弟が、波多野荘の近くにある大友荘を本拠とする大友経家ですが、親能は大友経家の娘を妻とし、相模国で生活していたものと考えられます。旗揚げに成功した頼朝は、専門的な知識を有していた親能を招き、親能はこれに応えた。また、親能が仲立ちとなって、文官の代表となる中原(大江)広元が鎌倉にやってきたのでしょう。広元は中原広季の養子です。

会員限定記事会員サービス詳細