ハイチで戒厳令、空港閉鎖、大統領暗殺、夫人は重体

7日、ハイチ首都ポルトープランスで、モイーズ大統領の私邸周辺を調べる治安部隊(AP=共同)
7日、ハイチ首都ポルトープランスで、モイーズ大統領の私邸周辺を調べる治安部隊(AP=共同)

モイーズ大統領が武装集団に暗殺されたハイチで、ジョゼフ暫定首相は7日、15日間の戒厳令を宣言した。空港を閉鎖し、逃亡した襲撃犯の特定や拘束を急いだ。銃撃を受けたマルティヌ大統領夫人は米マイアミの病院に搬送された。重体だという。

襲撃犯の正体などは不明だが、在米ハイチ大使館は公式ツイッターに「高度な訓練を受けた重武装集団による十分に計画された攻撃」と確認できるとの声明を載せた。

ハイチでは昨年から議会が機能不全に陥り、政治や社会の混乱が続いている。

国際社会からの非難も相次いだ。バイデン米大統領は「恐ろしい暗殺事件に衝撃を受け、悲しみに沈んでいる」と声明で哀悼の意を示し「この憎むべき行為を非難する」と述べた。国連のグテレス事務総長も「犯人に法の裁きを受けさせなければならない」と声明で述べた。(共同)