現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

7月8日

1975(昭和50)年3月末、南ベトナムの首都サイゴンでの出来事である。「私の夫になってくれませんか」。当時毎日新聞の記者だった古森義久さんは、顔見知りのベトナム女性から頼まれてびっくりする。

▼北ベトナム軍による〝解放〟が目前に迫っていた。形式だけでも外国人と結婚していれば出国許可が得られるとあって女性は必死だった。サイゴン陥落の前日には、約千人のアメリカ人が米軍ヘリで脱出、その10倍以上のベトナム人がやはりヘリで退避した。

▼政府幹部や米軍の協力者など、将来迫害の恐れのある人たちである。空港や港にも人の群れがひしめいていた。小紙のかつての連載企画「20世紀特派員」で、古森さんは狂乱の一日を振り返っていた。

ランキング

  1. 【新聞に喝!】ユニクロの中国関係報道を求む 元東京大学史料編纂所教授・酒井信彦

  2. 【田村秀男の経済正解】均衡財政主義で防衛力を壊すな

  3. 【産経抄】5月29日

  4. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  5. 【主張】首都直下地震 1都3県は歩調合わせよ

  6. 【主張】かかりつけ医 機能発揮できる制度化を

  7. 【朝晴れエッセー】飼い犬に手をかまれる・5月29日

  8. 【浪速風】43歳だった

  9. 【主張】訪日観光客の解禁 コロナと共存し回復図れ

  10. 【新聞に喝!】共産党に優しい朝日と毎日 イスラム思想研究者・飯山陽

会員限定記事