厚労相、ワクチン接種「供給に努力」

田村憲久厚労相=7日(春名中撮影)
田村憲久厚労相=7日(春名中撮影)

田村憲久厚生労働相は7日の衆院厚労委員会で、新型コロナウイルスワクチンの供給不足をめぐり「速いペースで打っている分、(在庫の)ミスマッチが起こりやすくなっている。うまく供給できるよう努力したい」と述べ、改善に意欲を示した。

山本博司内閣府副大臣は、職場接種の申請を受け付けたものの承認が済んでいない会場の接種開始は、8月9日以降との見通しを示した。立憲民主党の枝野幸男代表は職場接種の申請停止や供給不足に関し「大混乱だ」と批判した。

米ファイザー製ワクチンは6月末までに約1億回分が供給されており、このうち政府は各自治体に約9千万回分を配布。ただ、現時点での接種回数は約5千万回で、残り約4千万回分は各自治体で在庫として保管されているとみられる。

接種が進む自治体はワクチンの在庫が減り、今後の供給への懸念を抱えるが、接種が進まず多数の在庫を抱える自治体もある。このミスマッチ解消のため政府は8月に配分する際は各自治体の在庫状況を考慮する方針。厚労省は7日、8月2日からの2週間と、同16日からの2週間に全国に追加配送する各約8千箱(約936万回分)の市区町村別の割当数を発表した。

一方、職場接種などに使用する米モデルナ製ワクチンは6月末までに1370万回分を輸入したが、当初は4千万回分の供給を受ける契約だった。加藤勝信官房長官は6日の記者会見で、国内の薬事承認が5月下旬になった影響で少なくなったと説明。こうしたことも供給不足に影響しているとみられる。

菅義偉首相は7日昼、自民党の二階俊博幹事長らと官邸で会食し、ワクチン接種について「なるべく早くということで頑張る」と語った。二階氏らが記者団に明らかにした。