現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

7月7日

関東大震災で横浜の自宅を失った谷崎潤一郎は、現在の神戸市東灘区に居を定めると今度は洪水に遭う。昭和13年7月の阪神大水害である。死者・行方不明者は700人以上にのぼった。

▼「五日の明け方からは俄(にわか)に沛然(はいぜん)たる豪雨となっていつ止(や)むとも見えぬ気色であった。が、それが一二時間の後に、阪神間にあの記録的な悲惨事を齎(もたら)した大水害を起そうとは誰にも考え及ばなかった」。水害から5年後に雑誌「中央公論」に連載を始めた『細雪』には、水害の場面が出てくる。

▼「六甲の山奥から溢れ出した山津浪(やまつなみ)」の描写は、三島由紀夫から激賞された。自宅にこもって土石流を見ていない文豪は、風聞だけで書いたというから驚くしかない。今月3日の朝、静岡県熱海市の伊豆山地区で家屋が押し流される映像はテレビで何度も流され、あらためて土石流の恐ろしさを思い知らされた。泥に覆われた現場では、今も懸命の捜索活動が続いている。

ランキング

  1. 【ソウルからヨボセヨ】車は〝下車感〟が重要

  2. 【産経抄】5月28日

  3. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  4. 【緯度経度】ウクライナ…仏独に出番はあるか 三井美奈

  5. 【主張】中露が拒否権行使 北を焚き付け平和乱すな

  6. 【主張】訪日観光客の解禁 コロナと共存し回復図れ

  7. 【浪速風】人のふり見て、わがふり直せ

  8. 【正論】「国家神道」は戦時下の反日宣伝 東京大学名誉教授・平川祐弘

  9. 【産経抄】5月27日

  10. 【産経抄】5月26日

会員限定記事