話の肖像画

デザイナー・コシノジュンコ(81)(7) 運命の出会い「花の9期生」

《母、綾子さんが東京に様子を見に来ることも》


私の東京行きについて、母は「ヒロコが行ったんだから、いいんじゃないの」くらいにしか思っていなかったと思います。でも心配だったのか、ちょくちょく会いに来てくれました。

母が来ることは、仲間たちもうれしがっていました。「うまいごはんが食べられるぞ」と。行きたい店は、決まって新宿にあるとんかつ屋。おなかをぺこぺこにすかせて、ここぞとばかりにたらふく食べる。その様子を母も喜んで見ていました。

母と花の9期生との関係は、トップデザイナーになった後も続きました。ニックネームのように、「お母ちゃん」と呼ばれていましたが、みんなにとって、第二の母のような存在だったのかもしれません。(聞き手 石橋明日佳)

(8)へ進む