小池知事、宣言延長「必要な段階」 酒類提供停止の判断も要望

報道陣の取材に応じる東京都の小池百合子知事=7日夜、都庁
報道陣の取材に応じる東京都の小池百合子知事=7日夜、都庁

東京都の小池百合子知事は7日夜、都庁で報道陣の取材に応じ、新型コロナウイルス対策として政府が緊急事態宣言を再発令する方針を固めたことについて「状況はとても厳しい。感染者数の上昇が続いているので(再発令が)必要な段階だと思う」と述べた。

宣言期間中に開催される東京五輪・パラリンピックに関しては「対策を進めながら安全に開かれるようにしたい」と語った。

これに先立ち、都は今後の措置について、酒類提供の停止を都道府県の判断ではなく国が原則化し、基本的対処方針の中で明記するよう求める要望書を政府に提出した。

酒類提供の停止はこれまで都道府県知事の判断とされ、地域ごとに措置内容が異なるため「分かりにくい」との意見が自治体から挙がっていた。