三木谷氏、フランス2選手「差別」発言を批判 2年前の映像流出

楽天の三木谷浩史会長兼社長
楽天の三木谷浩史会長兼社長

サッカーのスペイン1部リーグ、バルセロナに所属するフランス出身2選手が2019年7月に日本を訪問した際、日本人やアジア人を差別したと取れる場面の動画がインターネット上で公開され、2人は多くの批判を浴びて5日、謝罪を表明した。

動画はウスマン・デンベレ選手が自身の携帯電話で撮影したとみられ、ホテルの日本人従業員らを写しながら「このひどい顔」とフランス語で発言。日本語のやりとりを聞き、「なんて言葉だ」とからかい、隣にいたアントワヌ・グリーズマン選手は笑って応じている。

デンベレ選手はインスタグラムで「友人との間ではこういう言葉遣いをすることがある」と弁明し、「映像の人々に不快感を与えたと思う。心からおわびする」と謝罪。グリーズマン選手も「日本の人々を傷つけたとしたら申し訳ない」とツイッターに投稿した。

バルセロナとスポンサー契約を結ぶ楽天の三木谷浩史会長兼社長は6日、自身のツイッターに「このような発言はどのような環境下でも許されるものではなく、クラブに対して正式に抗議するとともに見解を求めていく」などと投稿した。(共同)