熱海土石流 安否不明27人 氏名公表で絞り込み

警察や消防、自衛隊などによる捜索が続いている土砂崩れ現場=6日午前、静岡県熱海市伊豆山(萩原悠久人)
警察や消防、自衛隊などによる捜索が続いている土砂崩れ現場=6日午前、静岡県熱海市伊豆山(萩原悠久人)

静岡県熱海市伊豆山の大規模土石流で県や市は6日、警察などの捜索の結果、新たに3人の死亡を確認したと発表、死者は計7人となった。また安否不明者は27人になったと明らかにした。県と市は5日に所在がつかめていなかった64人の氏名や性別を公表後、親族や知人の連絡を受けて本人に確認するなどした。被災者の生存率が著しく下がるとされる「発生後72時間」を過ぎ、県警や消防、自衛隊は約1700人態勢で発見を急いだ。

市は死者1人の身元を小磯尚子さん(61)と特定したと明らかにした。鈴木チヨセさん(82)に続き2人目の身元判明。6日に死亡が確認された3人の内訳は男性1人、女性2人。

県と市は住民基本台帳に基づき、自宅を流されたとみられる住民の所在確認を進めたが、5日夜時点で64人について把握できず、氏名や性別を公表。直後から多くの情報が寄せられ、絞り込みが進んだ一方、6日朝に発表の1人を含め計2人の不明者が追加された。