「生鮮食品送らないで」土石流被害の熱海市、呼びかけ - 産経ニュース

メインコンテンツ

「生鮮食品送らないで」土石流被害の熱海市、呼びかけ

土砂崩れ現場で続く捜索活動=7日午前、静岡県熱海市(桐山弘太撮影)
土砂崩れ現場で続く捜索活動=7日午前、静岡県熱海市(桐山弘太撮影)

静岡県熱海市伊豆山で発生した大規模な土石流で、同市は、避難者向けに市役所などへ生鮮食品を送らないよう市のホームページで呼び掛けている。避難所での管理が難しいことなどが理由。

衛生上の観点から、使用済みの衣類や日用品の提供も断るとしている。

市によると、7日朝時点で計560人が市内のホテルや小学校に避難している。ホテル側が食事を提供しているほか、市も軽食を配布している。

観光経済課の担当者は「対応に当たる人員に限りがあり、安全な物資を避難者に届けるためのやむない措置だ」と話している。