大谷翔平が週間MVP 今季2度目で通算4度目、大リーグ

オリオールズ戦の3回、31号ソロを放ち指を立て塁を回るエンゼルス・大谷=アナハイム(AP=共同)
オリオールズ戦の3回、31号ソロを放ち指を立て塁を回るエンゼルス・大谷=アナハイム(AP=共同)

米大リーグ機構は6日、前週に好成績を残した選手を表彰する週間MVPを発表し、ア・リーグはエンゼルスの大谷翔平(27)が6月に続いて今季2度目の選出となった。2018年4、9月にも受賞しており、通算4度目。日本選手ではイチロー(元マリナーズなど)の5度が最多。大谷は6月に初の月間最優秀選手にも輝いている。

週間MVPの対象は6月28日~7月4日の成績で、大谷は打者として6試合に出場し、打率2割8分6厘、2度の1試合2発を含む6本塁打、8打点、1盗塁を記録した。

大谷は今月4日にヤンキース時代の松井秀喜に並ぶ日本選手シーズン最多の31号本塁打を放った。オールスター戦(13日・デンバー)には史上初めて投打同時で選出され、投打の「二刀流」でプレーする。前日恒例の本塁打競争にも日本勢初の出場が決まっている。

ナ・リーグはブレーブスの内野手アルビーズで、6試合で打率4割、3本塁打、13打点だった。(共同)