THE古墳

仁徳天皇陵ではお侍さんが大宴会

早朝の仁徳天皇陵。鳥居が立ち、玉砂利が敷き詰められた「拝所(はいしょ)」では、静かに手を合わせる人々の姿がみられる。皇室の祖先の墓として宮内庁が厳重に管理し、立ち入りが禁じられた神聖な天皇陵。しかし、江戸時代には古墳を管理するはずの奉行所役人が墳丘で宴会を開いたり、墳丘を囲む堤では牛が放牧されたりと、今では想像もつかないおおらかな時代があった。

初詣、雨乞い、日清・日露戦争時は戦勝祈願…。明治時代に記された史料「仁徳天皇御陵沿革取調書」は、当時の古墳を取り巻く様子を詳しく記す。管理役の地元の筒井家が同40年に宮内省(現在の宮内庁)に提出した報告だ。この控えが旧家に伝わり、堺市博物館の白神典之学芸員らが調査した。

ランキング

  1. 理研がコロナの「ファクターX」一部解明 オミクロン株に効果か

  2. ICTで変わる子どもの学習環境 GIGAスクール時代にプリント教材の果たす役割[Sponsored]

  3. 【動画】皇后さま58歳 コロナ禍「安心して暮らせる日を」

  4. 【THE古墳】箸墓古墳 宇宙から卑弥呼に迫る

  5. 【性ホルモンを学ぶ】①その不調、男性更年期障害かも 夫婦で知りたいチェックリスト

  6. 皇后さま58歳誕生日ご感想全文 お互い気遣い、支え合える社会に

  7. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  8. 運転士手配忘れ、JR湖西線運休 7600人影響

  9. 【話の肖像画】輪島功一(8)左1本で1回KO勝ちの仰天デビュー

  10. 大阪府警駅伝部、ニューイヤー駆ける 唯一の公務員チームが全国へ