米軍駐留基地にロケット弾 イラクで2人負傷

イラク中西部アンバル州の米軍駐留基地やその周辺に7日、ロケットによる攻撃があった。14発飛来し、防衛システムが作動したが、2人が負傷した。現地の米軍報道官が明らかにした。負傷者が米国人かどうかは不明。

また、シリア人権監視団(英国)によると、シリア東部デリゾール県でも米軍駐留基地に対し無人機による攻撃があり、米軍などが撃墜した。

いずれも、シリアとイラクの国境地帯に展開する親イラン民兵組織による攻撃の可能性がある。米軍は6月下旬、民兵組織の拠点を空爆、少なくとも4人が死亡しており、民兵組織側は報復を宣言していた。(共同)