中独仏3首脳がオンライン会談 EU、米国と一線画す

オンラインで会談する(左下から時計回りに)ドイツのメルケル首相、フランスのマクロン大統領、中国の習近平国家主席=5日(新華社=共同)
オンラインで会談する(左下から時計回りに)ドイツのメルケル首相、フランスのマクロン大統領、中国の習近平国家主席=5日(新華社=共同)

【パリ=三井美奈】フランス大統領府は5日、フランス、ドイツ、中国の3首脳がオンライン会談したと発表した。仏独両国には、米国とは一線を画した欧州連合(EU)独自の対中外交を示す狙いがある。

仏大統領府の声明によると、3首脳は、地球温暖化対策、新型コロナウイルスワクチンのアフリカへの分配、さらにイラン、ミャンマー情勢について話し合った。そのうえで、独仏首脳は、EUと中国が昨年末に結んだ投資協定を踏まえ、中国が欧州企業の市場参入に道を開くよう期待を示した。

中国の人権問題をめぐっては、独仏首脳は懸念を示し、新疆ウイグル自治区の強制労働問題で習主席に改善を要求した。