がん電話相談から

肺に陰影、手術以外の治療法は?

A 自覚症状が出るということは、すでに周りに影響が及んでいるということになり、かなり進行しているものと考えます。手術して取り除くことが確実で安全な治療法だと思います。

「手術」と聞くとどうしても、体の負担などを考えて「怖い」と感じることもあるでしょう。しかし、最近は胸腔(きょうくう)鏡手術など侵襲(体へのダメージ)の少ない手術ができるため、年齢を考えてもそれほど心配されることはないと思います。主治医とよく話されて、手術についてしっかりと聞いてみてはいかがでしょうか。

がん研有明病院呼吸器センター長の西尾誠人医師
がん研有明病院呼吸器センター長の西尾誠人医師

回答は、がん研有明病院呼吸器センター長の西尾誠人医師が担当しました。

「がん電話相談」(がん研究会、アフラック、産経新聞社の協力)は毎週月~木曜日(祝日除く)午前11時~午後3時に受け付けます。03・5531・0110、無料。相談は在宅勤務でカウンセラーが受け付けます。相談内容を医師が検討し、産経紙面やデジタル版に匿名で掲載されることがあります。個人情報は厳守します。