山梨県内の危険個所点検を 県議会委が申し入れ - 産経ニュース

メインコンテンツ

山梨県内の危険個所点検を 県議会委が申し入れ

会見する山梨県の長崎幸太郎知事=6月24日、甲府市(平尾孝撮影)
会見する山梨県の長崎幸太郎知事=6月24日、甲府市(平尾孝撮影)

山梨県議会の政策委員会は6日、静岡県熱海市での大規模土石流発生を受け、長崎幸太郎知事に、被災地支援と、県内の同様の土砂災害危険箇所の点検を求める緊急申し入れを行った。政策委員会の座長である卯月正人県議は、「熱海の現場と状況が類似した場所の点検を早急に実施し、県民の安全・安心の確保に努めてほしい」と要請した。

これに対し、長崎氏は「すでに被災地との連絡を取っているが、さらに緊密に連携し、必要な物資を届けたい」としたほか、危険箇所点検については、「今後の県内の防災に生かすためにも、さっそく取り組んでいく」と申し入れに対応し、点検を早急に始める考えを示した。

さらに、長崎氏は「土砂崩れ警戒区域内に大型のメガソーラー(太陽光発電施設)があり、それらの立地についても緊急点検したい」と語った。