動画

崩落恐れの民家を引き倒し撤去、大阪・西成

引き倒される民家=6日午後、大阪市西成区(前川純一郎撮影 リモートカメラ)
引き倒される民家=6日午後、大阪市西成区(前川純一郎撮影 リモートカメラ)

大阪市西成区で民家2棟が崖下に崩落した事故に関連し、現場で倒壊の恐れがあった並びの1棟について、市は6日午後、引き倒した上で撤去した。安全確保のため、市は現場周辺を立ち入り禁止とした。

撤去作業は午後2時ごろ開始。市が委託した建設会社の作業員らが3時すぎ、民家を重機で押しながら崖下から機器で引っ張ると、ウーというサイレンが響く中、ゴーンと大きな音を立てて崖下に倒れた。

崩落事故は6月25日午前に発生。大阪市西成区天下茶屋東の住宅地の崖が崩れ、その上にあった民家2棟が相次いで数メートル下に落ちた。けが人はいなかった。

市は撤去費用を一時負担するが、大阪府警の捜査を踏まえ、事故原因を作った当事者に請求するとしている。




会員限定記事会員サービス詳細