熱海土石流 姉が不明、一縷の望みで救出待つ妹

土石流が起きた現場では、消防隊員らによって泥の撤去作業などが行われていた=6日午前、静岡県熱海市(佐藤徳昭撮影)
土石流が起きた現場では、消防隊員らによって泥の撤去作業などが行われていた=6日午前、静岡県熱海市(佐藤徳昭撮影)

静岡県熱海市伊豆山(いずさん)を襲った土石流の発生から4日目を迎えた6日。警視庁や県警、消防などは警察犬や大型重機も投入し、懸命に生存者を捜した。被災者の生存率が著しく下がるとされる「発生後72時間」を過ぎたが、それ以降も救出された例はある。ひしゃげた家屋の土砂をかき出し、泥まみれの捜索隊員らを見守る住民は「何とか助け出して」と望みを託した。

さらなる土砂災害の恐れがあるとして作業がたびたび中断される過酷な現場。大型重機を使って道路をふさぐ車両を撤去し、警察犬は土砂の中に生存者の痕跡がないかたどった。ヘルメットにゴーグルを装着した警察官数十人が、柱が折れ曲がった建物からスコップやバケツを使って土砂を取り除いた。

被害に遭った自身の住居を見にきた男性(60)は知人が行方不明のまま。「連日捜索している警察などには感謝しかない。厳しいかもしれないが、救ってほしい」と願った。

静岡県熱海市の伊豆山地区で、いまだ安否が分かっていない太田洋子さん(72)。土石流の直前まで、洋子さんの自宅で一緒にいた妹の山口きく江さん(70)のもとに6日、姉に宛てられた年賀状が届いた。土石流で押し流され、自宅から600メートルほども離れた国道で見つかったものだった。

きく江さんは3日午前11時ごろ、用事があって洋子さんの家を出た。姉が1人で残ったその家が土石流に飲み込まれたのは、それから数分もたたないうち。轟音(ごうおん)に気付いて後ろを振り返ると、家も、家の近くに止めてあった自分の車も、流されていた。「ただその光景を見ていることしかできなかった」(きく江さん)。目の前の出来事が、理解できなかった。

6日、自宅から600メートルほど下方の国道近くで、洋子さんと、死別した洋子さんの夫に知人が宛てた年賀状が見つかり、関係者を通じて、きく江さんに届けられた。泥にまみれ、しわの付いた状態だが、今はこれが、姉との大事な接点だ。

本人の行方はいまだわからない。生死を分けるとされる発生72時間が過ぎた。「1分、1秒でも早く会いたい。ただ…」。土石流の威力を目の当たりにし、希望と現実のはざまに揺れている。