大阪市平野区の中学校でコンクリ片落下、生徒に当たる

大阪市役所
大阪市役所

5日午後4時20分ごろ、大阪市平野区背戸口の市立平野中学校で、プールに併設された平屋建物の更衣室の天井からコンクリート片(重さ約5キロ)が落下、水泳部の男子生徒の頭部に当たった。病院で治療を受けたが、軽傷という。

市教委によると、天井の高さは2・2メートル。建物は昭和51年に建てられ、老朽化が進んでいたため、今年度中に建て替える予定だったとしている。