車引きずり死、殺人を否認 51歳男、千葉地裁初公判

千葉県浦安市で令和元年、車を飲酒運転しバイクに追突、大学生を車に巻き込んだまま約1・4キロ引きずり殺害したとして、殺人や自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)などの罪に問われた無職、内藤健一被告(51)は5日、千葉地裁(安藤範樹裁判長)で開かれた裁判員裁判初公判で「人を引きずったとは全く考えていなかった」と殺人の起訴内容を否認した。

起訴状によると、内藤被告は元年1月2日夜、酒を飲んで正常な運転に支障が生じる恐れがある状態で車を運転し、さいたま市緑区の大学1年、梓隼輔さん=当時(18)=のバイクに追突して梓さんを車底部に巻き込み、そのまま車で逃走。頭部などの損傷による外傷性ショックで殺害したとしている。