菅原前経産相の有罪確定 公民権3年停止

菅原一秀前経済産業相(酒巻俊介撮影)
菅原一秀前経済産業相(酒巻俊介撮影)

地元選挙区で有権者に現金を配るなどしたとして、東京簡裁から公選法違反(寄付行為)の罪で罰金40万円、公民権停止3年の略式命令を受けた菅原一秀前経済産業相(59)の有罪が5日までに確定した。期限の2日までに正式裁判を請求しなかった。今後3年間は選挙に立候補できない。

菅原氏は6月2日に自民党を離党し、3日に議員辞職。東京簡裁は16日付で検察側の求刑通りに略式命令を出した。