熱海土砂災害で首相「行方不明者、何人か言えない」

土石流災害現場で捜索活動に当たる警察官ら=5日午前8時38分、静岡県熱海市伊豆山
土石流災害現場で捜索活動に当たる警察官ら=5日午前8時38分、静岡県熱海市伊豆山

菅義偉(すが・よしひで)首相は5日午前、静岡県熱海市の伊豆山(いずさん)地区の土石流による行方不明者について「状況として何人ということは明確に申し上げられる段階にない」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

首相はその上で「政府としても地方自治体と一体となり、行方不明者(の数)を明確にすると同時に土砂の中に埋まって助けを求めていると思われる被害者を一人でも多く、できるだけ早く救出するために警察、自衛隊、消防、海上保安庁などが今全力で取り組んでいる」と説明した。

行方不明者の人数に関しては「熱海市長から、もう一度(住民基本)台帳を精査して何人であるかを確認したいという報告を受けている」とも語った。