千葉の繁華街で川に流された教員の遺体発見 - 産経ニュース

メインコンテンツ

千葉の繁華街で川に流された教員の遺体発見

川の中から遺体を引き上げる千葉県警の警察官ら=5日、千葉市中央区(小野晋史撮影)
川の中から遺体を引き上げる千葉県警の警察官ら=5日、千葉市中央区(小野晋史撮影)

3日午前0時ごろ、千葉市中央区栄町の葭川(よしかわ)で20代男性が流されて行方不明となっていた事故で、5日午前11時ごろ、約600メートル下流の同区本千葉町で男性が発見され、その場で死亡が確認された。男性は同市立美浜打瀬小学校の講師、山中鴻志郎さん(23)と判明した。

同市教育委員会などによると、山中さんは2日午後7時半~11時半ごろまで、同僚の教員2人とJR千葉駅近くの居酒屋で飲酒をして帰宅する途中、大雨で増水している川に関心を示し、自ら飛び降りたという。

市教委は、同僚教員2人の処分についても検討する。また、事故後の聞き取り調査で、山中さんと同僚教員が5月下旬にも、運動会の打ち上げとして6人で飲酒をしていたことが判明した。

同市の礒野和美教育長は事故を受け、「蔓延(まんえん)防止等重点措置の適用期間かつ、大雨により市として防災体制を取る中で、教職員が飲食店において深夜まで飲酒をしたことは誠に遺憾で、重く受け止めている。厳正に対処するとともに再発防止に努める」とコメントを発表した。