熱海の土石流 安否未確認者は80人 3人救助中

土石流災害現場で捜索活動に当たる警察官ら=5日午前8時38分、静岡県熱海市伊豆山
土石流災害現場で捜索活動に当たる警察官ら=5日午前8時38分、静岡県熱海市伊豆山

静岡県熱海市の伊豆山(いずさん)地区の土石流被害で、熱海市は5日正午時点の安否未確認者は80人と発表した。同午前7時時点の113人から減少した。また、正午時点で3人の救出作業中だという。

市は4日夜、これまで約20人としてきた安否不明者を、今後は伊豆山地区の被害エリアに215人が居住するという住民基本台帳の記録と照合し、不明者数の裏付けを進めていく方針を明らかにしていた。その結果、4日夜には147人とされていた安否未確認者のうち、5日正午までに67人の無事が確認されたことになる。

■静岡県が安否未確認者の情報提供呼びかけ 別荘地も