熱海の土石流 静岡県が所在不明者を公表へ 113人安否不明

土砂崩れ現場では、警察や消防、自衛隊などによる捜索が続いている=5日午前、静岡県熱海市伊豆山(松本健吾撮影)
土砂崩れ現場では、警察や消防、自衛隊などによる捜索が続いている=5日午前、静岡県熱海市伊豆山(松本健吾撮影)

静岡県熱海市の伊豆山(いずさん)地区の土石流で、同県は5日、所在不明者の氏名を近く公表する方針であることを明らかにした。

熱海市によると土石流で3人が亡くなり、5日午前8時時点で113人の安否が未確認のままとなっている。市は被害エリアの住民基本台帳の記録をもとに、安否未確認者の確定作業を進めている。

■岩盤から根こそぎ崩落 土砂10万立方メートル、深層崩壊か