現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

東芝・楽天問題にみる「平和ボケ」 明星大学教授・細川昌彦

明星大学教授、細川昌彦氏
明星大学教授、細川昌彦氏

東芝問題で、物言う株主が選任した弁護士らによる調査報告で激震が走っている。詳細な分析ではあるが、正義のヒーロー・物言う株主から見た「一方的な推論」による劇的ストーリーだ。これを鵜吞(うの)みにした報道も目につく。

例えば「東芝と経済産業省が一体となって株主提案権の行使を妨げた」と断じている。しかし主語を正確に論じるべきだ。東芝経営陣の一部の思惑は、あくまで企業統治の問題だ。他方で経産省もそうした意図で安全保障行政を歪(ゆが)めたかの記述は一方的な推論だ。

安全保障上の懸念がなければ、国は介入することはない。あくまで東芝が有する重要産業の生産基盤の切り売りや技術流出がないよう守るのが目的だ。東芝の経営体制を守るものではない。

ランキング

  1. 【産経抄】5月21日

  2. 【主張】誤給付問題 町も法も時代に追いつけ

  3. 【主張】ミャンマーの混迷 危険への歩み見過ごすな

  4. 【緯度経度】韓国新政権の歴史的決断 黒田勝弘

  5. 【浪速風】根拠なかったW杯の悪評

  6. 【大阪正論懇話会】「日本政府は製造業を守れ」 加藤康子・産業遺産情報センター長

  7. 【正論】「令和臨調」が挑む日本の課題 キッコーマン名誉会長、日本生産性本部会長・茂木友三郎

  8. 【主張】森友訴訟終結 国民への説明責任生じる

  9. 【浪速風】偉大な棋士と若き王者のはざまで

  10. 【産経抄】5月20日

会員限定記事