都議選

〈速報中〉自民議席伸び悩み 自公で過半数確保は微妙

開票を見守る自民党東京都連の鴨下一郎会長(左から3人目)ら=4日午後、自民党本部(納冨康撮影)
開票を見守る自民党東京都連の鴨下一郎会長(左から3人目)ら=4日午後、自民党本部(納冨康撮影)

各政党が次期衆院選の前哨戦として国政選挙並みの総力戦で臨んだ東京都議選(定数127)は4日、投開票された。小池百合子知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」から第一党の座奪還を狙う自民党は議席が伸び悩み、都民ファと争う展開となった。公明党と合わせて過半数の議席を確保できるかも微妙な情勢だ。

今回の都議選は新型コロナウイルスの「蔓延(まんえん)防止等重点措置」が適用される中で実施され、感染防止対策やコロナ禍での東京五輪・パラリンピックのあり方などを争点に、各候補が支持を訴えた。

前回選で追加公認と合わせて55議席を獲得し、第一党となった都民ファは47人を公認。小池氏は過労による体調不良で当初は都議選から距離を置いていたが、選挙戦最終日に候補者の激励に入った。小池氏の動きが都民ファの議席にどう影響するかも注目された。

自民党は全42選挙区で60人を擁立。選挙協力を結んだ公明との組織戦を展開し、閣僚も選挙区を回る挙党態勢で臨んだ。

公明は8回連続の全員当選を目指し、候補者23人を公認。一部選挙区で都民ファ候補と接戦を繰り広げた。

立憲民主党と共産党は1人区などで候補者を一本化し、それぞれ現有議席からの上積みを図った。

都選挙管理委員会によると期日前投票者数は142万5192人で、都議選としては過去最高。前回の投票率は51・28%だった。