五輪中の宣言「あり得る」 厚労相、無観客も想定

田村憲久厚労相(春名中撮影)
田村憲久厚労相(春名中撮影)

田村憲久厚生労働相は4日のBS朝日番組で、今月下旬からの東京五輪期間中に、新型コロナウイルス緊急事態宣言を東京都などに発令する可能性に関し「国民の健康、命が大事だから、当然あり得る」と述べた。無観客での実施が想定されることにも言及した。

ただ「緊急事態宣言を出せば自動的に(感染者数が)減るというものではない」として、効果的なタイミングや打ち出す施策を踏まえて検討を進める考えを示した。

五輪の観客をめぐっては「再び東京で発令されれば、無観客ということも当然想定される」とし、大会組織委員会や東京都などと協議する見通しを明らかにした。