書評

『黒牢城』米澤穂信著 籠城戦が密室ミステリーに

荒木村重といえば、「織田信長に謀反を起こしたが、敗れた男」として有名な戦国武将だ。信長の家臣だったのに、突然、有岡城で反旗を翻した男。驚いた信長が黒田官兵衛を派遣したが、村重は彼を有岡城の地下に幽閉してしまった。米澤穂信(ほのぶ)の『黒牢城(こくろうじょう)』は、官兵衛を幽閉していた期間の有岡城が舞台である。ジャンルは戦国時代を描いた歴史小説でありつつ、城内で起こる謎を解いてゆく推理小説でもある。

さて推理小説というと探偵役がつきものだ。本書の探偵はなんと、幽閉されている官兵衛。城内で起こる不可解な事件について、村重は地下の土牢にいる官兵衛に相談する。そしてそのたび探偵に謎を解いてもらうがごとく、官兵衛に解決のヒントをもらうのである。

面白いのは、舞台が籠城中の有岡城である点だ。ミステリーといえば密室を用意するために、屋敷や列車や孤島を舞台にするもの。しかし「難攻不落の城」もまた、考えてみればこの上ない密室状況だ。意外とこれまでなかった設定である。

村重は、1年近く官兵衛を幽閉していた。つまり約1年も「城」という密室のなかで、村重は城主として家臣の心を掌握していなくてはいけなかった。ただでさえ信長に背いた身なのに、容易なことではない。

村重は国衆や家臣が寝返らないか、常に見張っていたのである。しかし、そんな中で起こる不可解な殺人事件。謎を解けねば、信長との戦に勝てない。村重が焦るのも無理はないだろう。

そうしているうち籠城は長引き、城の中は疲弊してゆく。籠城中に村重が孤独になってゆくさまが丁寧に描かれており、推理小説の醍醐味(だいごみ)である「密室の人間関係」も愉(たの)しめる作品となっている。

本書では、村重が官兵衛を殺さず幽閉していた理由や、さらに村重が謀反を起こした動機といった史実さえ、推理小説の謎解きと絡み合ってくる。籠城中の城で、官兵衛と村重という2人の武将が、どのような因果で結びつき、どのような信念を持っていたのか―その謎解きを見たとき、まるで戦の勝敗がひっくり返されたような驚きと快感を覚えてしまった。(角川書店・1760円)

評・三宅香帆(書評家)