冷蔵庫に両親の遺体遺棄疑い 逮捕の次男、殺害ほのめかす

福岡市西区の住宅で業務用冷蔵庫の中から住人の高齢夫婦の遺体が見つかった事件で、県警は4日、死体遺棄の疑いで同居する次男で無職の松本淳二容疑者(59)を逮捕した。2人の殺害をほのめかしているといい、県警は死亡の経緯を調べる。

県警や捜査関係者によると、松本容疑者は6月23日に自宅付近で目撃された後、行方が分からなくなっていた。4日午前、京都市下京区内で発見、逮捕した。

逮捕容疑は6月23日ごろ、かつて酒屋が営まれていた自宅の冷蔵ショーケースに父の博和さん(88)と母の満喜枝さん(87)の遺体を入れて遺棄した疑い。

親族から連絡を受けた県警が6月29日、遺体を発見。いずれも目立った外傷はなく、死因は不詳だった。同21日ごろに亡くなったとみられる。