日曜に書く

論説委員・長戸雅子 ガラパゴスの被害者支援

もう何が印刷してあったかも読み取れない、コンビニエンスストアの小さなレシート。長野県坂城町の自営業、市川武範さん(56)には今も大切な宝物だ。長女が生きて、働いていた証しだから。

「一度だけ買い物にいったとき手渡されたものです。それが最初で最後になってしまいました」

昨年5月26日深夜、市川さんの自宅は全く面識のない暴力団組員の男=当時(35)=に襲われ、家にいた長女=同(22)=と次男=同(16)=が銃撃を受けて死亡、妻はけがを負った。組員はその場で自殺した。

2日前の24日には、コンビニの駐車場で市川さんの長男が顔も知らないこの組員に暴行されていた。組員は25日にも市川さん宅周辺に現れており、県警は長男を避難させていたが、家族にまでその判断は及ばなかった。市川さんの長男と組員の元妻が同僚で、2人の関係を一方的に邪推した組員が起こした犯罪だった。

「謝罪しろ」と誹謗

「猛省を促す」

非道な事件から数週間後、市川さんのもとに1枚のはがきが届いた。悪いのは暴力団員としながらも、「家族を守れなかった」と市川さんを責める内容だった。

事件後、「家族が警察の保護を断った」との誤った報道やデマに基づいた誹謗(ひぼう)中傷がネット上にあふれた。近隣住民からは「迷惑をかけたんだから謝って歩け」という言葉も投げつけられた。

生活の問題にも直面した。現場となってしまった自宅に住むことはできない。県が用意してくれた施設にいられたのは3日だけ。公営住宅にも入れず、車での寝泊まりも覚悟したが、知人を頼って当面住む場所だけは確保した。坂城町には当時、被害者支援の条例もなかったため全て自己負担だった。

事態が少し動いたのは約3カ月後。坂城町に県内初の条例ができ、見舞金が支給されて公営住宅にも入ることができた。休業せざるを得なかったため、見舞金で町への税金を支払った。

会員限定記事会員サービス詳細