米がインドネシアに400万回分提供 新型コロナワクチン

米国のサリバン大統領補佐官(ロイター)
米国のサリバン大統領補佐官(ロイター)

米国のサリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は2日、インドネシアのルトノ外相と電話会談し、新型コロナウイルスワクチン400万回分を提供すると伝えた。

ワクチンを途上国にも行き渡らせる国際枠組み「COVAX(コバックス)」を通じ、近く発送する。ホワイトハウスが発表した。

インドネシアでは既に中国製ワクチンが普及しており、バイデン米政権には中国の影響力拡大を食い止める狙いもありそうだ。

提供するのは米モデルナ製ワクチン。両氏はインドネシアの新型コロナ対策を前進させるため、米国の支援拡充についても議論した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細