深層リポート

根付くか究極「エコ登山」 光岳に排泄物持ち帰りキャンプ

レンタルテントサイトと大蔵喜福さん。奥にある縦長のテントがトイレ用ブース=長野県飯田市の面平(原田成樹撮影)
レンタルテントサイトと大蔵喜福さん。奥にある縦長のテントがトイレ用ブース=長野県飯田市の面平(原田成樹撮影)

夏山シーズンが本格化する中、日本百名山の光(てかり)岳(2592メートル)中腹にレンタルテントを使ったベースキャンプが登場した。中高年も登頂しやすくなるが、登山客は携帯トイレで用を足し、排泄(はいせつ)物も持ち帰る必要がある。麓の長野県飯田市出身の登山家、大蔵喜福(よしとみ)さん(70)による「山小屋が整備されていないここでしかできない」取り組みだ。できるだけ自然を傷めない「エコ登山」を実践する聖地として、いずれはこの地をスイス・ツェルマットのような環境先進地域にと、夢を膨らませる。

後回しになる百名山

大蔵さんは、エベレストなど8千メートル級を何座も登頂し、山岳ガイドとしても活躍。仲間を亡くした北米大陸最高峰デナリ(6190メートル)の気象観測を一昨年まで30年続けた。デナリでは、排泄物を持ち帰らない者への罰則もあり、それが発想のベースだ。

長野県有数の秘境である「遠山郷」にある登山口、易老渡(いろうど)(880メートル)から光岳山頂付近まで山小屋はなく、登頂して光岳小屋に着くまで標高差約1700メートル、標準コースタイムで約7時間かかる。平成30年からは車道の崩落で、さらに易老渡まで1時間半ほど歩かなければならなくなった。定年後に百名山制覇を目指す人も多いが、大蔵さんいわく「光岳は後回しになる百名山の代表」だ。

大蔵さんが顧問を務める「南信州山岳文化伝統の会」や南信州観光公社が特別許可を得てレンタルテントを設置した面平(めんだいら)(1480メートル)に泊まれば光岳小屋まで標高差1100メートル、標準コースタイム6時間とぐっと楽になる。

ヒマラヤ公募隊のガイドを務めるなどいわゆる商業登山に関わってきた大蔵さん。決して山小屋を否定するわけではない。「山小屋は登山道の整備や遭難者救助などになくては困る。一方で、新たに作る時代ではない」

山小屋が整備されていない場所だからこそ、排泄物まで持ち帰ることも奇をてらったものでなくなるのだ。ヒマラヤで始まっているテントなどのシェアもヒントにした。