【第92期ヒューリック杯棋聖戦】中盤情勢は「攻め合いに突入」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

第92期ヒューリック杯棋聖戦

中盤情勢は「攻め合いに突入」

【第92期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第3局】昼食が終わり、藤井聡太棋聖(左)が指して対局が再開される。右は渡辺明三冠=3日午後1時1分、静岡県沼津市の沼津御用邸(前川純一郎撮影 リモートカメラ)
【第92期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第3局】昼食が終わり、藤井聡太棋聖(左)が指して対局が再開される。右は渡辺明三冠=3日午後1時1分、静岡県沼津市の沼津御用邸(前川純一郎撮影 リモートカメラ)

静岡県沼津市の沼津御用邸で3日午前に始まった第92期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催、ヒューリック特別協賛)の第3局は午後1時、対局が再開された。

午前中は渡辺明三冠(37)=名人・棋王・王将=の攻めに、藤井聡太棋聖(18)=王位=が応じる展開だった。

対局再開後、藤井棋聖が意表を突く受けを見せた。先手の角での王手に対し、玉が逃げるか、歩で受けるかと見られていたが、藤井棋聖は金で受けた。

この手に、今度は渡辺三冠が長考に沈んだ。1時間29分の考慮の末、金取りで角を切った。立会人の青野照市九段は「先手としても止まることができないので、強手(角切り)で応じた」と話す。

先手の渡辺三冠はここまで駒を引く手を指していない。青野九段は「攻め合いに突入してますね」と話し、局面を見つめた。

持ち時間は各4時間。48手まで進み、残り時間は渡辺三冠1時間57分、藤井棋聖1時間27分。同日夜には終局する見通し。

将棋 棋譜再現(Windows版のみ)

■ヒューリック杯棋聖戦 フォトギャラリー

■記念の扇子販売 藤井棋聖・渡辺名人の揮毫入り