浪速風

集団免疫「ただ乗り」派が増えたら

新型コロナウイルスワクチン接種が進むが、「接種したくない」という声も
新型コロナウイルスワクチン接種が進むが、「接種したくない」という声も

経済学用語に「フリーライダー(ただ乗り)」という言葉がある。公共財などの対価を支払わずに便益を享受する人のことだ。だが、誰かがただ乗りした分は結局、誰かが負担しなければならない。ただ乗りする人が増えるほど、ほかの人へのしわ寄せは大きくなり、「市場の失敗」につながる

▶新型コロナウイルスのワクチン接種が進む欧米では今や、人々がマスクなしで街中を歩き、飲食やスポーツ観戦を楽しむ光景も報じられている。一方で、多くの人が接種しているから自分は接種しなくても集団免疫は獲得できると考える「ただ乗り」発想の人が増えているという

▶国立精神・神経医療研究センター(東京)が行った調査では、11.3%がワクチンを「接種したくない」と回答した。最も多かった理由は副反応への懸念だったが、よもやただ乗りを狙うような心根はないだろうか。日本の接種率はまだ低い。「ただほど高いものはない」と、肝に銘じたい。