「日本は世界を一つに」 英大使、大阪万博に期待

会見するロングボトム駐日英国大使=2日、大阪市内(黒川信雄撮影)
会見するロングボトム駐日英国大使=2日、大阪市内(黒川信雄撮影)

今年3月に着任した英国のロングボトム駐日大使は2日、大阪市内で会見し、2025年大阪・関西万博について「関西を起点に日本が世界を一つにまとめるチャンスになる」と述べ、万博を通じて気候変動問題などへの国際的な議論を日本がリードすることに期待を示した。

ロングボトム氏は、6月に英国で開催された先進7カ国首脳会議(G7サミット)に合わせ、英国のジョンソン首相が日本の菅義偉首相に万博への参加を表明したことは「G7における数多くの発表のなかでも特に注目された」と指摘。万博が健康促進や技術開発、気候変動などにおける国際的な議論や取り組みを促進する機会になるとの考えを示し、「その一端を(英国が)担えることを楽しみにしている」と述べた。

また今月開幕する東京五輪については、新型コロナウイルス禍の影響で「これまで想像していたものとは大きく異なる大会になるだろう」との見通しを示しつつ、「英国政府は日本が五輪を開催することを支持している。(五輪を狙った)サイバー攻撃対策などでも、具体的な協力をしている」と明かした。