現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

7月2日

確かにコンビニやスーパーでレジ袋を受け取ることはほとんどなくなった。有料化が始まって、今月1日で1年になる。実際、コンビニで辞退する人の割合は、有料化前の28・3%から、74・6%に増加した。スーパーなどでも7割を超えている。

ただ、これをもって世の中がプラスチックごみ削減の方向に向かっていると、判断するのは早計だ。自宅でごみ袋などに利用するためか、レジ袋と同じ取っ手付きのポリ袋の売り上げは伸びている。小売店にとっては、エコバッグを悪用した万引が新たな悩みの種となった。そもそも、プラスチック製品全体に占めるレジ袋の割合は数%にすぎない。

昨日は、小欄の住む地域のプラごみの収集日だった。1週間でこんなに溜(た)まるものかとあきれる。新型コロナウイルスによって巣ごもりの傾向が強まり、弁当の容器や肉や野菜のトレーなど、家庭から出るプラごみはむしろ増えている。

ランキング

  1. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  2. 【主張】謎の4300万円 金の流れに疑念を残すな

  3. 【直球&曲球】葛城奈海 戦力たる自衛隊の憲法明記を

  4. 【産経抄】5月26日

  5. 【正論】エネルギーは安全保障最優先に キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志

  6. 【論壇時評】6月号 平成=ポスト冷戦からの脱却 文化部・磨井慎吾

  7. 【正論】領土欲の露骨なロシアの時代遅れ 評論家・西尾幹二

  8. 【浪速風】マスクは冬の季語

  9. 【主張】北のICBM発射 世界に弓引くのをやめよ

  10. 【正論モーニング】防衛費拡充は「火事場泥棒」なのか? 今こそ周辺有事に備える議論を

会員限定記事