ワクチン接種優等生の各国を悩ます「7割の壁」 若年層が課題

新型コロナウイルスのワクチン接種を速いペースで進めてきたイスラエルや米国、英国で接種率が伸び悩んでいる。米国は社会を正常化させる目標として4日の独立記念日までに1回以上接種した18歳以上の割合を7割にする目標を掲げたが、いずれの国も「7割の壁」に届いていない。若年層への接種拡大が共通の課題で、この間に感染力が強いとされるインド型変異株(デルタ株)も徐々に広がり、警戒を強めている。

イスラエル政府は6月25日、屋内でのマスク着用を義務付けた。同月15日に屋内でのマスク着用の義務を解除するなど規制を緩和したばかりで、わずか10日で撤回に追い込まれた。

6月上旬には1日の新規感染者数が1桁にまで下がった。だが、中旬以降は2つの学校でデルタ株のクラスター(感染者集団)が発生するなどして増加傾向に転じ、世界保健機関(WHO)によると200人を超える日も出てきた。

イスラエルは世界最速ペースでワクチン接種を進めるなどコロナ対策の「優等生」とみなされてきた。ただ、英統計専門サイト「アワー・ワールド・イン・データ」によると、1回以上接種した人は5月下旬に人口の6割を超えて以降、頭打ちとなり、6月29日時点で約65%だ。

イスラエルや米英のワクチン接種状況
イスラエルや米英のワクチン接種状況

現地メディアによると、新規感染者には12~15歳が多い。イスラエルではこの年齢層への接種は始めているが普及は遅れているという。国内では若い男性は接種で心筋炎を起こす可能性があるとも懸念されていることから、地元記者は「親が副反応を恐れているのでは」と推測する。

ベネット首相は感染拡大の原因として国際空港の水際対策も「大きな弱点」とし、国内の対策を昨年担った元軍幹部を空港の感染防止責任者に指名。感染リスクが高いとするインドや南アフリカなどへの渡航を原則禁じ、違反者に罰金を科すことも検討している。(カイロ 佐藤貴生)