タッチレスの新幹線券売機 JR西、新大阪で実証実験 - 産経ニュース

メインコンテンツ

タッチレスの新幹線券売機 JR西、新大阪で実証実験

JR新大阪駅に設置されたタッチレス券売機=2日午前
JR新大阪駅に設置されたタッチレス券売機=2日午前

JR西日本は2日、新大阪駅で東海道・山陽新幹線改札口近くの自動券売機1台を改修し、指を近づけるだけで操作できる「タッチレス(非接触型)」券売機の実証実験を始めた。期間は約2カ月。タッチパネル画面を介した新型コロナウイルスの感染防止に役立てるのが目的。

JR西によると、実験で用いる券売機はJR系列の鉄道情報システム(東京)が開発。赤外線センサーが画面から数センチのところまで指が近づくと検知する。導入時期は、実験結果を踏まえて決めるという。 報道公開では、JR西の担当者が画面に触れることなく「東京」と行き先を入力すると、動作音とともに画面がすぐに反応。列車や座席も、意図通りに選択できた。担当者は「コロナ禍でも、安心して切符を買ってもらえるようになれば」と語った。